テストステロンが作用すると


男性ホルモンの一つであるテストステロンが作用すると、骨が頑丈になったり、筋肉が発達し、髭や体毛、太い濃い髪の毛を生やすこともできるのです。ですが、ある男性ホルモンが分泌されるようになってくると、ハゲが始まり、さらに、成人男性の脱毛症としてはとても一般的な、男性型脱毛症を起こすことになるのです。

 

そういう訳ですから、病院で処方される脱毛症の薬や、市販の育毛トニックには、多くの場合、男性ホルモンを過剰に分泌しないようにさせる成分が、加えられています。先に述べたように、ハゲや脱毛の原因となる男性ホルモンは、テストステロンから変貌を遂げたDHT(ジヒドロテストステロン)であり、活性化すると、ハゲから脱毛へと、速やかに進むであろうことが予測できるため、DHTを生成する働きを行なう酵素、5αリダクターゼを邪魔することが大切なようです。

 

ハゲの悩みも様々ですが、悩みの中でも多いのが、おでこの悩みです。おでこは、育毛が難しい上にその変化がわかりやすい部分でもあります。つい生え際に目が行くようになったら、専門的な検査を受けてAGAかどうかを調べてみましょう。もし、AGAと診断されなければ、マッサージで頭皮をほぐしたり、育毛トニックの中でも浸透力の高い物を選んでみるのが良いでしょう。手遅れになる前に、おでこ対策を始めるのがポイントです。